ゲイ仲間との出会い方

ゲイ専用出会い系サイトは何故高いのか?お金を使えば会えるの??

ゲイ専用の出会い系サイトが、絶対に出会えない!というわけではありません

確かに詐欺紛いの、登録者がほとんどいないサイトが大半を占めるのは事実。しかし、一握りだけですが、きちんと会員募集をして、ゲイ会員をキープしているサイトだってあります。

それでも、ゲイ専用出会い系よりも、大手の出会い系サイトに登録しているゲイ仲間と知り合える可能性が高いのには理由があるのです。

ゲイ専用サイトの料金が高い理由

まず、ゲイ専用出会い系サイトの料金。大半は登録料が無料なので、登録自体にはお金は一銭もかかりません。

しかし、登録した後に、ネックになるのが利用料金の高さです。

平均して、メールの送信に200円

この料金が高いかどうか、出会い系を利用していない人にとっては判断しかねる数字だと思いますが、大手の出会い系を経験した人にとっては、信じられないくらい高額に感じてしまうことでしょう。

ワクワクメールやハッピーメールのメール送信にかかる料金は50円だから、実に4倍もの価格差があるからです。

しかし、一概にゲイ専用サイトが、ボッタクリ料金を設定しているわけではありません。

異性間の出会いをメインとする大手の出会い系と、システムが全く違うからです。

利用者が少ないから単価を高く設定するしかない

ワクワクメールの会員数は850万人。大半が異性との出会いを求める男性会員なので、8割は男性と推測されています。

残りの1割が女性、そして1割がゲイの登録者です。

出会い系サイトで1番重要なのは、お金を使ってくれる男性会員です。女性会員は男性会員を集める、いわば、餌なので、一切利用料金はかかりません。

男性が相手を口説くためにせっせとメールを出してくれることで、サイトは運営していけるのです。

850万人の8割

つまり660万人ものお金を払ってくれる男性が存在しています。当然全てがアクティブ会員というわけでは、ありませんので、このうちの2割がアクティブだと仮定してみましょう。

180万人のアクティブ会員が、月に6通、300円分のメールを送ったら、どのくらいの金額になるでしょうか?

5億4000万円、、、、、、、

とてつもない金額になります

さすがにここまでの売り上げはないとは思いますが、それにしても、会員登録が多いことがどれほどのパワーを生むかというのはわかると思います。

莫大な利益がさらに次の会員を生むシステム

出会い系というキーワードや、出会いというキーワードでGoogle検索してみてください。

上位に来るのは、ワクワクメールやハッピーメールの公式サイト、もしくは、大手出会い系を紹介するランキングサイトになっていると思います。

これは、Googleにお金を出して、検索キーワードによって上位にサイトを表示させる広告のやり方です。

出会い系というキーワードは、かなりの高額な広告費がかかるので、月数百万円の広告費では済まないでしょう。

さらにアフィリエイトでの報酬支払いもあるので、広告費だけで数千万。しかし、それを十分ペイできる利益があるから、広告を出し続けられる、そして、毎日、毎日新規会員を獲得できる

実際、ワクワクメールでは毎日120名が登録していると公表しています。

これが、大手出会い系のシステムです。この方法で20年近くサイトを運営しているのは恐るべきことです。

それでは、ゲイ専用サイトの方はどうでしょうか?

先ほど検索したように「ゲイ 出会い系」のキーワードでGoogle検索を行って見ると

一件もリスティング広告はありません。つまり、このキーワードで広告を出そうという業者は一つもいないということです。

上位に来ているのは、個人が運営していると思われるランキングサイト

これでは、ゲイ専用出会い系サイトの会員数が爆発的に増えることはまずありませんよね。

しかし、爆発的に会員数を増やした超人気アプリがあります。

9モンスター

このサイトを見ている人のほとんどは登録か利用したことがあるのではないでしょうか?
たぶんゲイ専用アプリの中ではナンバー1の会員登録数、そして実績を誇っています。

この9モンスターですら、公表している会員数は50万人ですから、広告すら打っていないゲイ専用出会い系が、どのくらいの会員数か推測することは易いですよね。

ほとんどが1000人~2、3000人といったところだと思います。

1,000人程度の会員数ならば、そのうちの2割がアクティブだとして200人。

1人が300円メール送信を利用したところで、60,000円にしかなりません。これでは数百万円も払って広告を打てるはずはないですよね。

広告も打てないから、会員数も伸びない

だから、一人からたくさんのお金を取るしかない、そのため利用料金が高く設定されているのです。

メール送信が200円と、大手出会い系サイトの4倍もの料金設定されている理由はそこです。

メール閲覧にお金がかかるのがゲイ専用出会い系サイトの一番のデメリット

メールの送信料金が、大手出会い系サイトの4倍もするだけなら、まだいいですが、ゲイ専用出会い系サイトの一番のデメリットは、メールの閲覧にお金がかかることです。

大手出会い系サイトの「ワクワクメール」も「ハッピーメール」も男性がメールを送信するのには50円の料金がかかりますが、女性から届いたメールも男性から届いたメールも閲覧するのに料金はかかりません。

しかし、ゲイ専用出会い系の多くは閲覧するのに、メール送信と同額の400円。

酷いサイトになると、何故か、メール送信よりも閲覧する方が高い500円と設定されているところもあります。

閲覧するのにお金がかかるというのは、相手がサクラの場合、無差別にメールを送信してメールを閲覧させてお金を稼ぐというやり方が可能になります。

そのため、ゲイ専用サイトのほとんどが、サクラを利用していると疑われています。

大手の出会い系にはサクラはいないのか?

2002年~2012年くらいまでは、大手の出会い系サイトでもかなりの数のサクラを利用していたと言われています。ただ、サクラを雇っていたのではなく、実際に登録した女性に、対して、男性にメールのやりとりした回数でポイントを与え、そのポイントに応じて、商品券やAmazonチケットなどを報酬として与えるというやり方でした。

2013年頃から、キャッシュバックのやり方も、サクラと見做されるようになり、次第にこの方法を取る業者は減り、現在は、大手サイトでキャッシュバックシステムをやっているところもなくなったと言われています。

メール閲覧有料のサイトは要注意

前述したように、大手サイトではメールの閲覧が無料ですが、中小の出会い系サイトや、ゲイ専用出会い系サイトの多くが、メール閲覧を有料に設定しています。

つまり、サクラが無制限にメールを送るだけで、それが読まれたら利用料金が稼げるというシステム。

10人からメールが届いて、それを読んだら3,000円なんてことになってしまいます。

ワクワクメールやハッピーメールの初回無料ポイントは1,000円分しかありませんが、相手とやりとりするのに必要なのは、メール送信の50円なので、20通は出すことができますが、ゲイ専用サイトとかで、例え5,000円無料ポイントが付与されても、メール閲覧で料金が発生するので、一瞬にして無料ポイントなんてとんでしまいます。

男同士のメールのやり取りは運営にとって儲からない

ワクワクメールやハッピーメールでは、男性からのメールの送信は50円と決まっています。男性と女性ならば、女性には一切料金がかからないので、自分のLINEアドレスを教えるのも、サイトでメール交換するのも一緒です。

しかし、ゲイ同士の場合は、双方の男性がメール料金を負担しなければならないので、たった50円とは言え、少しでも早いタイミングで、サイトのメールからLINEやカカオなどの連絡方法に切り替えたいという人がほとんど

そのため、女性と男性の場合は、LINEのアドレス交換まで10~20通のメールが必要なのが一般的ですが、男性同士の場合は、2通でLINEに切り替えられることがほとんどです。

最初のメールに自分のLINEアカウントを書いて、相手に送ればメール1通で済むのでは?

そう思いますよね。しかし、大手サイトでは1通目にLINEアカウントを書いて送信するのはスパム行為として禁止されているのです。

そのため通常のやり取りは

★初回
「プロフィール検索で見ました!僕も府中に住んでいます」

★相手から
「メールありがとうございます。府中ですか~近いですね」

★2回目
「よかったら、少しお話してみませんか?僕のLINEアドレス送りますので、気が向いたらメールください」

これがゲイ同士の最初のメールの流れになります。お互いに無駄なお金を払いたくないので、すぐにLINEに切り替えられるのがゲイ同士のメール交換の最大のメリットだと思います。

まとめ

結論から言って、ゲイ専用の出会い系サイトの中で、ちゃんと募集をして登録者もいるサイトならば、自分の好きなタイプに会うことは可能だと思います。

ただし、かなりのお金を使うことを覚悟する必要があります。

逆に考えれば、お金のない人は途中で脱落するので、お金が使える人にとってはブルーオーシャンの状態になる可能性だってあります。

しかし、そこまでお金を使わなくても、出会うことができる大手の出会い系サイトがあるので、そちらを利用することをおすすめします。

出会い系サイトに幻想を抱いている人は、登録してすぐに相手と巡り合える!!!!

なんて考えてしまいます。

確かに、相手を選ばなければ、掲示板に書き込みしてハッテン場に行けばすぐに会うこと、ケツハメすることはできるでしょう。

でも、相手は60代くらいの人かもしれませんし、全くタイプじゃない男性の可能性が高いです。

自分が気に入ったタイプと出会うまでは、やはり少し時間が必要です。

それは3日かもしれませんし、1週間かもしれません。

まあ、1週間経って、誰とも連絡が取れないようなサイト出会えないサイトであれば、すぐに退会して他のサイトを利用することをおすすめします。

ゲイ専用サイトの高額な料金設定では、1週間で数万円のお金が飛ぶ可能性があります。
ワクワクやハピメなら、どんなにメールを乱発しても数千円でしょう。

全く使いたくないなら無料ポイントの範囲内で1000円に納めることだってできます。

有料ハッテン場に行けば5,000円、ゲイ風俗に行けば1万円以上かかりますから、出会い系で2000円くらい使ってみて、好みのタイプの男性とできるならば安いとは思いませんか?

男同士掲示板を試してみる

よく読まれてる記事

ゲイカップル 1

異性との出会いよりも、ゲイの出会いは簡単なのか? 昔から全国各地にハッテン場があるので、出会いを求めているゲイ同士がハッテン場で知り合うケースは多いです。 しかし、無料のハッテン場だけで相手を探す場合 ...

2

ハッテン場にはどんなイメージがあるでしょうか? 初心者の人やノンケの人のイメージだと、サウナルームとか公衆トイレがハッテン場のイメージになっているのではないでしょうか? しかし、ハッテン場には様々なタ ...

サウナハッテン場 3

カミングアウトができれば、会社や学校などでもゲイのパートナーを見つけることができるでしょう。しかし、自分がゲイであることをカミングアウトできる人ってごく一部ですよね。 それならば、どこで相手を見つけれ ...

歌舞伎町 4

新宿のハッテン場データVOLCANO(ボルケーノ)CaveXSuck’d Glory TokyoCREW24会館 新宿店GRIZZRY MAXサウナホテルニュー大泉ラフレシア羽衣湯J-SPARKDAN ...

さぶ 5

ゲイの出会いの基本はハッテン場です。 初心者の方は、いきなりハッテン場に行くのは勇気がいると思いますが、誰だって最初は初心者です。勇気をもって踏み出した一歩のおかげで素敵な出会いがあるのです。 この記 ...

-ゲイ仲間との出会い方

© 2021 ハッテンバドットコム Powered by AFFINGER5